まさに狂気 凛として時雨

投稿者:

僕が高校生だった頃

毎日毎日、外にも出ず、友達とも遊ばず、

ただひたすらにギターを弾いている生徒であった

そんな中数少ない友人からメールが!

「凛として時雨ってバンドすごいぜ」

当時9mmとUverworldしか聞いてなかったので、いろんなバンドと曲を知りたかった。

早速Youtubeで調べる。

 

え どうした? え なに?

とにかく全てが初めて体験する音でわけわからなかった。

ドラムは手数多いし、ベースはゴリゴリ、ギターもテレキャスティックなジャキジャキサウンド、

あとボーカルおかしい

「とんでもないもの勧めてきやがったな、あいつどうかしてるぜ」と友人を疑う笑

しかし、わけわからないのに無性に聴きたくなる。何度も何度もリピートして聴いてしまう。

気がついたらすっかり虜になってしまっていた。

ゲオ行ってソッコー借りたわ、チャリかっ飛ばして行ったわ笑

確か「still a s Sgure virgin?」を借りたと思う。

「私は音楽だった」

ってなんだよ、英語めちゃくちゃじゃないか(TKの英語につっこんではいけないのは時雨ファンなら周知の事実である)

でも曲もめっちゃかっこい。

時期的のはTKソロの1stが出たくらいのときかな

それ以来時雨のファンである。

 

 

元々かなり変態性のある曲やっているのに曲を出すたびにどんどん変態性が増していっている。

まさに狂気

冒頭のギターとかホント意味わかんない。TKはほんまもんの変態やな(褒め言葉)

 

気が狂いたいときは是非凛として時雨をお勧めします。

本当はメンバーのこととか、旬のフルーツタルトの話とか、機材の話とかしたいのですが、長くなるのでやめます。(調べればいっぱい出てきます)

僕が好きな曲「illusion is mine」で締めくくろうと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です